korea ソウル発:ぼったくりタクシー!
 それは仕事でソウルに行ったときのことでした。滞在期間が約2週間と、うちの会社にしては比較的長い海外出張で、そのとき私はちょうどソウル滞在一週間を迎えていました。その日の夜は、現地の関連会社の若手社員(韓国人)と街へ飲みに出かけました。久しぶりに学生気分に戻って真露のいっき飲みをし、そのあとカラオケで一昔前の日本の歌を歌って、屋台でまた一杯。いいかげんグデグデに酔っ払って来た頃、明日も仕事なのでそろそろお開きにしようということになり、私はその場で別れてタクシーを拾いホテルに向かいました。タクシーに乗り込むと外での会話を聞いていたのか(若手社員は片言の日本語が話せる)、運転手はすぐに私が日本人だとわかり、とてもフレンドリーに片言の日本語で話しかけてきました。
 運転手「コンニチハ、アナタニホンジン?ソウルハタノシイネ」
 私「そうだね」
 運転手「コレカラワタシ、マチヲアンナイスルヨ。モットタノシイトコロ、イッパイアルカラネ」
時間はもう夜11時過ぎ、いっき飲みでけっこう酔っ払って疲れていた私は、一刻も早くベッドで横になりたい気分だったので、
 私「いやいや、すぐにホテルへ行ってくれないか」
 運転手「マダジカンハヤイ、モットアソボウ」
 私「いや、いいから。もう一週間もここにいるんだ。一通り見て遊んだよ。それより早くホテルへ行ってくれ」
 運転手「ジャア、マチヲマワリナガラ、ホテルヘイコウ。ダイジョウブ、シンパイナイ」
とまあ、強引に市内を回りながら説明を始めました。しかしそのとき、さりげなく料金メーターを書類で隠すのを、私はしっかりと見てしまった!こいつは、うさん臭い!
 私「なぜ、料金のところを隠すんだ!」
 運転手「アア、コレハタイシタコトジャナイ。ダイジョウブ、シンパイシナイデ」
何が心配しないでだ!こいつは思いっきりあやしい!というよりまずぼったくりだろう!こんなやつとは早く縁を切らねば!と心の中で考え、
 私「もういいよ。ここで降ろしてくれ」
 運転手「ドウシタ?イマカラ、タノシイトコロ、アンナイスルヨ」
 私「早くホテルへ行きたいと言ってるだろ。行けないんなら別のタクシー拾うから」
 運転手「。。。ワカッタ。ジャアホテルヘイコウ」
ということでようやくホテルへ向かいます。
 やっとのことでホテルの前に到着。私はこのとき、もうこの運転手はぼったくりだとわかっていたので、相手がどう出るかと待ち構えていました。酒の影響と疲れもあって頭に来ていたので、心はけっこう強気です。運転手はおもむろに料金メーターを隠していた書類をどけて、料金はこれだと指をさします。そこには。。。もう言わなくてもおわかりかと思いますが、予想通りの法外な料金が表示されていました。私はそれまで何度も現地の関連会社の人とタクシーに乗っていたので、だいたいの相場はわかっていました。メーターには深夜料金を考えても、無茶苦茶な金額が表示されています。おいおい!騙すならもう少しそれらしい金額にしろよ!などと考えながら、
 私「なんだ、この値段は!こんな無茶な料金払えるわけないだろ」
 運転手「コレハフツウノリョウキン。ミンナコノクライハラウヨ」
 私「俺はもう何度もタクシーに乗ってるんだ。騙そうったってそうはいかない。これはあまりにも高すぎる」
 運転手「ゼンゼンタカクナイ。コレフツウ」
全く話にならん!そのとき私は、困ったときには電話をと、現地の人に渡されていた連絡先の書いた紙を思いだし、
 私「ちょっとホテルまで付いて来てくれ」
といって車を降り、ホテルへ入りました。
 私「今から、地元の人をここへ呼ぶから、それから話し合おう」
 運転手「モウオソイカラ、ヨブノヨクナイ。ワカッタ。ジャア、トクベツハンガクデイイヨ」
おいおい!なんだそりゃ!地元の人を呼ぶといったとたんに、いっきに半額か!
 私「半額にしたって高すぎるだろ。とにかく電話をするから、ちょっとそこで待っててくれないか」
 運転手「ワタシモイソガシイカラ、アマリマテナイ。ジャア、イクライクラ(金額を言う)デイイカラ」
ってな感じで、まるで露店での客と店主の駆け引きです。
 しばらくそんな感じでホテルのロビーで言い合っていましたが、それでもまだけっこう高い金額を言っているので、
 私「俺を騙そうったってそうはいかない。とにかく電話して、どこどこ(タクシーを乗った場所)からホテルまでのだいたいの相場を聞くことにする」
 運転手「コノリョウキンハ、ツウジョウノリョウキンニ、アンナイリョウトチップガハイッテイルンダ」
 私「そんな話は初耳だぞ。それに俺は案内など頼んではいない。しかも最初のあの無茶苦茶な金額はなんなんだ」
 運転手「ホントウハアノキンガク。キョウハトクベツダイサービス」
何が特別大サービスだ!頼みもしないのに無理やり街を引きずりまわして、無茶苦茶な料金吹っかけて、大サービスも何もあったもんじゃない!そのくせまだかなり高いし。。。そこで私は、
 私「わかった。その半額払おう、それで不服なら今から電話するから3人で話し合って決めよう」
といって、お金を渡しました。すると運転手は(このころはもう、本性剥き出しの表情で)、
 運転手「コレジャ、チップガナイ。マチヲアンナイシタンダカラ、チップホシイ」
と言っていきなりわめき出しました。しかし私はそのときも強気だったので、
 私「わかった。じゃあとにかく電話して3人で話そう。電話だからそんなに時間はかからない」
と言ってロビーにあった公衆電話の受話器を取ろうとすると、運転手はホテルの従業員に向かって、何か私に対するののしりの言葉を叫んでいるようでしたが(韓国語なのでよくわからない)、しばらくしてあきらめたのか運転手はぶつぶつ言いながら去っていきました。
 今回は未遂で終わりましたが、海外でタクシーを利用するときは、十分注意しないといけないですね。