russia モスクワ発:空港迷走事件(パート2)!

 モスクワでの空港迷走事件には実は続きがあります。(パート1)をまだお読みでない方は、そちらから読んでいただけるとよくわかっていただけるかもしれません。晴れてパスポートが無事手元に戻った私たちでしたが、安堵のときも束の間、このあと更なる恐怖が待ち構えていたのでした!
 自分のパスポートが手元にある安心感をしみじみと実感した私たちは安堵感とともにどっと疲労感が押し寄せてきました。
 私たち「とりあえずこれで一安心。今日はどっと疲れた。早くホテル行って休もう」
私たちは一刻も早くホテルに行きたい!という思いから、本来行くべきところであった入国審査ゲートへと足早に向かいました。いや、向かおうとしました。しかし。。。
 私「あれ?入国審査ってどこだっけ?」
 友人「どこだっけって、えーと。。。おかしいな。ないはずはないよ。見過ごしたのかな」
などと言いながら、隅々まで歩き回って探しますが、どうしても見つかりません。あるのは搭乗ゲートに免税店に出国審査。。。そう、私たちはそのとき搭乗エリアにいたのです。しかし始めてのモスクワでしかも直前のトラブルもあって混乱と焦りのあった私たちは状況判断能力が確実に落ちていました。とにかく早く外に出たい!そればかり考えて同じ場所を何度も行き来しながら出口を求めてさ迷います。
 私「おかしい。もう行ける所はすべて歩いたはずだぞ。なのになぜ入国ゲートがないんだ!」
 友人「うーん。この空港どうなってるんだ!しかしもう探すところは尽きたし。。。しかたない。空港の係員に聞いてみるか」
ということで通路を歩いていた係員を呼びとめ、
 私「すみません。イミグレーションはどこにあるんでしょう?」
 係員「イミグレーション?ああ、それならそこの階段を下に降りて行けばあるよ」
 私「ああ、そうですか。どうもありがとう」
なんだ、階段を見落としていたのか!我ながら迂闊だった!と思いきや。。。
えぇー!大丈夫かぁ、この階段!
 係員が教えてくれた階段は確かにあるにはあったんですが、階段との間は間仕切りで仕切られていて、向こう側に通じる通路もロープが張られていて、見るからに通行禁止のような感じです。モスクワのシェレメチェボ第2空港をご存知の方ならお分かりかと思いますが、搭乗エリアと到着エリアの間は透明の間仕切りで仕切られていて、向こう側は見えるのですが、自由に行き来できるような感じではありません(すくなくとも当時はそうでした)。 おまけにそのとき到着エリア側は到着機がないためか人の気配もなく、階段の下は明かりが消されていて真っ暗です。
 友人「こりゃ、どう考えてもちょっと違うんじゃない?」
 私「うーん。確かにちょっと変だな。しかし、他に道はないし。。。困った!」
 友人「うーん。念のため別な係員に聞いてみよう」
もうそのときには、パスポートが戻ったときの安堵感もすっかり消えて、再び暗雲と焦りが私たちを覆い始めていました。いったいいつになったらホテルでゆっくり休めるのか。。。
 今度はすかさず友人が別な係員を呼び止めてさきほどと同じことを聞いてみます。
 係員「イミグレーション?、ああ、それならこの下の階だよ。向こうに階段が あるからそこを降りて行けばいけるよ」
 友人「しかし向こうの階段は真っ暗でロープが張ってあるんですが。。。」
 係員「うーん。よくわからないな。事務所で聞いてみてよ」
なんだ、この係員!なんでそんなことも知らないんだ!ほんとに空港の係員か!と苛つきながら、 それでも今度は事務所付近にいた係員にもう一度聞いてみましたが、やはり同じような適当な答えしか帰ってこず、もはやなすすべなし!困った!
 その時点で2人とも焦りと苛立ちがすでに飽和状態に達しつつあり、たぶん顔は余裕の色がなく青ざめていたことでしょう。
 私「どうすりゃいいんだ。このまま空港で夜を明かすのか」
 友人「なんて空港なんだ。いったいどうなっているんだ」
 私「こうなりゃしかたない。一か八か、ロープを超えてあの階段を降りて見よう」
 友人「大丈夫か。あそこ真っ暗だぜ」
 私「他にどんな手がある?それに係員はみんなあそこだっていってるんだし。。。」
ということで万策尽きた我々はついにロープを跨ぎ、人気のない真っ暗な階段に恐る恐る足を踏み入れます。一番下まで降りると通路の先の方に明かりが漏れていて人影も見えました。
 私「あそこが入国審査じゃないかな」
 友人「とりあえずあそこまで行ってみよう」
まさに希望の明かりに向かって進み始めたそのとき、暗闇からヌーッと人影が現れました。私たちははギョッとして息を呑みながらその人影に眼を凝らします。人影はゆっくりとこちらに近づき、やがてその姿がはっきりと認識できました。
 それは軍服?のような姿で機銃を構えたロシア人だったのです。目と鼻の先で本物の機銃を見てたじろいだ私たちですが、こちらも進退窮まる状況だったので、すかさずそのロシア兵?に話しかけます。
 私「すみません。イミグレーションはこっちでいいんですか?」
 ロシア兵「なんたらかんたら、なんたらかんたら(ロシア語)」
やばい!この人英語が話せないようだ!それでも食いつき、
 私「ここ、通れますか?イミグレーションに行きたいんですが?」
 ロシア兵「なんたらかんたら、なんたらかんたら(ロシア語)」
やっぱり埒が明かない!しかも身振り手振りからどうもその通路は通してくれそうもなく、上へ戻れと行っているようです。ああ!もう勘弁してくれー!しかし、胸元で機銃を構えられている以上(^^;逆らうわけにはいきません。しかたなくとぼとぼと階段を上がりもと来た場所へ戻ります。
 私たち「ああ、もうどうしようもない!」
時刻はもう夜の9時前、疲れもピークに達し、とりあえず椅子に座って絶望的な今後の対策を考えます。しばらくボーッとしながら座っていた後、友人がポツリと提案を出しました。
 友人「もう一度、階段降りてみない?」
 私「は?だってあそこにはロシア兵が。。。」
 友人「ロシア兵にこの会話集見せて、係員にここを通れと言われたことを話して説明すればもしかしてわかってくれるかも」
 私「うーん。そうだな。さっきは英語でまくし立てただけだし、言いたいことがよくわかってもらえなかっただけかも。どうみてもあの先はイミグレーションのようだったし、それに他にいい手は思いつかないし。。。」
ということで意を決して再び階下へ向かいます。やはり明かりの消えた真っ暗な階段を降り、恐る恐る「ハロー」と声を掛けますが何の返答もありません。もう一度声を掛けます。しかし返答はなく人の気配もありません。 あれ?ロシア兵いないのかな?と思いながらゆっくり慎重に前へ進んでいきます。どうやら先ほどの兵士はどこかへ行ったらしくほんとうにいないようです。よし!とりあえず突き当たりの明かりのところまで行ってしまえ!とずんずん歩いて行くと、やはりその明かりの場所は我々が行きたくてたまらなかったイミグレーションでした。それがわかった瞬間、よかったぁ!助かった!とその日2度目の安堵感がどっとこみ上げてきました。
 それにしてもあのモスクワの空港はいったいどうなっていたのか!もうモスクワはコリゴリ。2度と行くものか!と思いつつ、数年後に再びモスクワを訪れたのですが。。。
 ちなみに次に訪れたときには全然問題は起こりませんでした。今回の出来事は普通では考えにくいようなことでしたが、今はもうそういうことは大丈夫なんですかね。