russia モスクワ発:空港迷走事件(パート1)!

 ヨーロッパ方面に旅行に行くとき、航空会社の選択はいろいろありますが、私たちはやはり安さ一番ということで、アエロフロートを選びました。アエロフロートといえばロシアの航空会社であり、モスクワ経由ということになります。そこでせっかくモスクワに立ち寄るのなら市内のホテルに泊まろうということになりました。
 到着後、機内から出てまずは入国審査かなと思っていたら、出てすぐのところに係官がいてパスポートを見て誘導しています。むむ、なんだ!なんかあったのか?と思って隣にいた日本人に話をすると、
 日本人「いやぁ、モスクワの空港は来るたびに手続きが変わるからねぇ。よくわからないんですよ」
 私「そうすか。。。」
数人の係官の前にみんなが列を作って、順番にパスポートを見せています。なんとも要領の悪いことだと思いながらも列に並びます。ようやく私たちの番がきたので、パスポートと航空券を提示すると、それを係官がちらっと見ていきなりパスポートの方を回収し、後ろの待合所のようなところを指差して、そこで待てと指示します。おいおい!いきなりなんだよ!とちょっと慌てて係官に、
 私「え?どういうこと?パスポートは?」
 係官(すでに次の人のチェックをしながらむずかしい顔して)「心配ない、とにかく向こうでちょっと待って」
 私「しかし。。。」
 係官「はい、次の人」
うーむ。なんて愛想の悪い係官だ。しかしよく見ると同じように、パスポートを回収され待てと指示されている人もいるので、しかたなく私たちも指示された場所で待つことにしました。同じ仲間には先ほど話をした日本人もいます。
 私「これは何なんですかね?」
 日本人「いやぁ、私も今回のケースは初めてでわかんないですねぇ。とにかく係が来るまで待ちましょ」
ってなことで、ヤキモキしながら待っていると別の係官がやってきて、自分の後についてくるようにというようなことを言っています。一同ぞろぞろと別の場所へ移動です。そしてまた別の待合所のようなところに来ると、そこで待てと指示して去っていきました。おいおい、たらいまわしかよ!いつまで待たせるんだ!と心の中で叫びながら、先の日本人としばらく雑談です。
 私「どちらへおいでですか?」
 日本人「いやぁ、これから仕事でテヘランへ行くところなんですよ。もう4度目なんですがね」
 私「へぇー、テヘランですか。いいですね。私も行きたいですよ。いつもモスクワ経由で行かれるんですか?」
 日本人「いやぁ、だいたいはそうですね。だからこの空港は何度か利用しているんだけど、毎回手続きが変わるんで、ほんとわかんないですねぇ」
などと、雑談して暇をつぶします。
 私「このあとどうなるんですかね?」
 日本人「いやぁ、よくわからないけど多分あそこに看板が下がっているから、乗り継ぎ方面別に振り分けられて、乗り継ぎ客専用の指定ホテルに行くんじゃないかなぁ」
 私「ええー!だって我々は市内のホテルを取ってあるんですよ」
 日本人「えっ、そうなんですか、それはおかしいなぁ、もしかして何か間違われているかもしれないから、係が来たら聞いたほうがいいですねぇ」
なんてこった!これはえらいことになったぞ!前方を見ると確かに方面別に分かれた看板が下がっています。冗談じゃないよ、どうしよう。しかし、唯一の頼みの係官が来るまではどうしようもありません。こういうときに待つのはきがきじゃない!どれだけ待ったか、ようやく係官がパスポートを持って現れ、案の定方面別に誘導を始めました。みんなそれぞれパスポートを返却され分かれていきます。なんと間違われたのは我々だけか!うーむ。運が悪い!と嘆いていてもしかたがないので、私たちは最後に係官のところへ行き、たどたどしい英語で冷や汗たらたらで事情を説明しました、いやしようと試みましたが、よく理解してもらえません。しかし私たちのパスポートが手元にないこともあって、とにかく事務所で事情を説明するようにというようなことを言われました。なんてこった!
 早速事務所へ行って見ます。ところがその中は滅茶苦茶混雑しています。おいおい、勘弁してくれ!と思いながらも、とにかく事情を説明するしか他に道はないので列に並びます。とはいえ自分たちにもよくわからない状況を、慌しく難しそうな顔をした係官に英語で説明するなんて無謀だ!いったいどうすりゃいいんだ!と、そうこう考えているうちに、私たちの番が回ってきました。
 私「あっ、実は。。。パスポート。。。回収されて。。。間違われたようで。。。困った!」
 係官「は?パスポートをなくしたの?」
 私「いや、なくしたわけではなくて、なんていうかそのぉ。。。」
 係官「???。ちょっとそっちで待っててくれる」
ああ、やはりこういう結果に。。。我々は悠長に待っている場合じゃないんだよぉ!まいった!いったいこの旅は続けられるのだろうか?しかしパスポートがなきゃ日本にだって戻れないし、ここで説明しないと後がない!言葉を整理してもう一度話をしてみることにします。さっきよりいっそう青い顔をして再び列に並んでいると、前の方で一人の係官が私たちの方を見て手招きしています。えっ?なに?我々のこと?戸惑いながらも、係官の目は明らかに私たちを見据えているので、ともかくそっちへ行って見ることにしました。するとおもむろにパスポートを差し出し、
 係官「これは君たちのものかな」
 私「は?え?これは!そうですそうです!確かに私たちのものです。これがなくてとても困ってたんです。ありがとう」
 係官「どういたしまして」
どーっと、安堵感!とにかくよかった!これで助かった!!しばらくは込み上げる安堵感で笑顔が止まりませんでした。しかしあとで冷静に考えてみると、係官の方が間違えたのになんで礼なんか言わなきゃならんのだ!それにもし戻ってこなかったら。。。