russia リスボン発:あわや乗り遅れ!

  アゾレス諸島とリスボンの街を旅してきた私たち夫婦は、旅も終わりに近づき帰途に着くためリスボン空港にやってきました。空港内で最後のおみやげショッピングをするため、出発の2時間ほど前にやってきた私たちは、このときこれから起こる冷汗もののハプニングについては知る由もありませんでした。
 予想より小さなショッピングゾーンにちょっと落胆しながらも、一通り店を見て周り、買い残したお土産を買った私たちは、自分たちの乗る飛行機を確かめに掲示板に目を止めました。
 私「えーと、AF1925便パリ行きは。。。げっ、またDELAYだよ。いったいエールフランスって定刻どおり出発することってあるのかなぁ」
 (実は私たちは行きの日本からのAF便も大幅に遅れて、リスボンへの乗り継ぎの関係でルフトハンザ機に変更になっていたのでした。)
AF1925便は18:30発のパリ行きなのですが、30分遅れて19:00になっています。まあ、30分遅れなら特に問題はないのですが、もはやすることもなく時間を持て余し状態です。しかたなくチェックインだけして座って待つことにしました。
  エールフランスのカウンターで、係員が搭乗券に印刷された搭乗ゲートと搭乗時間をボールペンで消し、搭乗時間を6pmと書き直して、「搭乗ゲートはまだ決まってないけど、まもなく掲示板に表示されるからそれを見てくれ」というようなことを言って搭乗券を渡してくれました。搭乗時間が決まっているならこれ以上遅れることもないだろと思いながら安心して掲示板の見える椅子に座って待ちます。
 ところが。。。搭乗ゲートはいつまでたっても表示されません。まだかまだかと待っているうちに時間は搭乗時間の6pmになってしまいました。いったいどうしたんだ!もう一回聞きに行こうかと思っていたそのとき、掲示板に1925便のDERAY表示が更新され、20:00に。。。
 私「げっ、いきなりまた1時間も遅れが増えたよ。まいったな。パリでの乗り継ぎは大丈夫かな」
 奥さん「行きのこともあるから聞いた方がいいんじゃない」
ということで再びカウンターへ行き、係員を捕まえて聞いてみます。
 私「1925便は遅れているようだけど、パリからの日本への乗り継ぎ便は大丈夫ですか」
 係員「現在パリが悪天候で日本便も遅れる見込みなので大丈夫ですよ」
ということでちょっと心もとないけど、まあそれならいいかと一応納得して再び椅子に座って待ちます。それからしばらく待つこと数十分。ようやく1925便にゲートが表示されました。ああ!やっと表示された!という安堵感で思わず笑みがこぼれながらも、さっそく急ぎ足でゲートへ向かいます。
 ところが。。。ゲートへ着いて搭乗口の掲示板を見ると、なんと1925便は20:45になっています。喜んだのもつかの間、
 私「げっ、どうなってんの!また45分も増えてるよ。もういいや!あとのことは着いてから考えよう」
と半ば開き直り状態で、小さなカウンターバーに座って一杯やることにしました。時刻はまだ7時前、搭乗するまでにはまだかなり時間があります。
 奥さん「この旅行は行きも帰りも飛行機は当たりだね」
 私「ほんとだね。しかも理由が同じパリの悪天候だって。パリってそんなに毎日天気が荒れてんのかね」
などとぼやきながら一杯やっていると、空港のアナウンスが耳に止まりました。
 「パッセンジャーズ。。マダ。16番。。へお急ぎ。。さい」
ん?今、アナウンスで自分の名前を呼ばれたような気が。。。
 私「あれ、今おれたちの名前を呼ばなかった?気のせいかな?」
 奥さん「あっ、やっぱりそう思った?なんかそれっぽかったよね」
うーむ。気になる。しかも内容が急いでどこかへ行けというようなものだったような。。。なんかいやな予感が。。。うーむ。どうしようか!などといろいろ考えていると再びアナウンスが。。!
 「パッセンジャーズ、アカマダ。16番ゲートへお急ぎください!」
えっ!えっ!ちょっと名前が違うけどこれはたぶん間違いなく我々だ!いったい何事だ!
 私「今聞いたよね。あれ、おれ達のことだよね!」
 奥さん「そうみたい。急いで来いって言ってるよ。どうしよう!」
 私「どうしようったって、どうしよう!16番ゲートって言ってたな!うーむ!なんかやばそうだからとにかく行ってみよう!」
それからの私たちは、まだ飲みかけの飲み物をそこに残して、大急ぎで16番ゲートへと向かいました。案内板を頼りにザックを担いで小走り気味にゲートへと急ぎます。
 私「いったい16番ゲートってどこにあるんだ!えらく遠いな!」
とぼやきながら息を荒げて走っていると、前方で空港係員が私たちを手招きして呼んでいるように見えます。行ってみるとやはりそこは16番ゲートでした。
 係員「君たちが”アカマダ”か?」
 私たち「そうだけど。。。」
 係員「おお!よかった!間に合って。さあ搭乗券を出して!。。。よし。さあ、乗って!」
 私たち「えっ!ちょっと!これ、パリ行き?」
 係員「ああ、もちろん」
と、何が何やら状況がよくわからないまま後押しされて機内に案内されて、乗員乗客ともすっかり離陸のスタンバイが整った中、注目を浴びながら最後の2席に座ります。これはいったいどういうこと?我々の乗る1925便は確かに20:45分発と掲示板に出てた!ゲートも違う!どうなってんだ?完全に混乱したままもう一度搭乗券の半券を見ます。と、そこには。。。AF1325。えっー!どうなってんだ!すかさず航空券の控えを見ると確かにAF1925と書いてあります。飛行機が違うじゃないか!すかさずアテンダントに聞いてみると、やはり乗っているのは1325便とのこと。
 うーむ。どうやら私たちは行きに続いてまたしても飛行機を振替えられたようです。たぶん1925便ではパリでの乗り継ぎが危ぶまれるため、それより早い1325便に変更してくれたのでしょう。それをチェックインのときに説明されたのかもしれませんが、私たちの語学力不足で聞き逃したのかもしれません。さらに悪いことに1925と1325では数字がよく似ている上、1925と思い込んでいたので搭乗券に記載されている便名に最後まで気づかずにいました。まったくうかつでした(^_^;
 ちなみに1325便も5時間遅れだったようで、その遅れに私たちがさらに拍車をかけたのかもしれません(^o^;;しかしおかげさまで日本への帰国便には無事間に合いました。日本便も当然ながらかなり遅れていましたが。。。