国旗カーボベルデ カーボベルデ発:悪夢の4日間(1日目)!
[1日目] [2日目] [3日目] [4日目]
 旅のトラブルというものは当たり前ですが突然襲ってくるものです。同僚のA氏とアフリカを旅していた私にとってもそれは突然起こりました。しかも私のこれまでの旅の中で最大のトラブルになろうとは。。。
 それは我々のアフリカ旅行最後の地であるカーボベルデ、サル島の空港で、最後の別れを告げようとしていたときでした。その日、我々は深夜2時の飛行機でアフリカに別れを告げてリスボンへ戻る予定でした。深夜の便であるため時間をもてあました我々は、昼間ガイドをしてくれたJさんのお宅にお邪魔して雑談をしたあと、サンタマリアのレストランでワインとカーボベルデミュージックに酔いしれ、ほろ酔い気分でタクシーを飛ばして空港に戻りました。気のよい運転手にチップを弾み、空港ロビーで一休みです。
 私「いやぁ、今日も楽しかった!これでいよいよ終わりというのはちょっと寂しいね」
 A氏「ははは、まあしょうがないね。また今度ゆっくり来たいね」
などと旅を振り返りながら余韻に浸っていましたが、ふと見ると空港内のショップはまだ何件かオープンしています。時間は夜11時を回っていましたが、深夜の発着便が多いサル空港ではお店も遅く まで開いているのでしょう。さっそく我々も最後のお土産探しをして時間を潰すことにしました。
 やがてお土産探しに夢中になっていたせいか、ふとチェックインカウンターを見やると、いつの間にか長い行列ができ、搭乗手続きが始まっています。
 おっと、いけない!と我々も目当てのお土産を買い、急いで列の後ろに並びました。我々の便以外にも何便か出発便があるようで、広いロビーは深夜にも関わらず大勢の人で雑然としています。へぇー!夜中なのに意外と乗る人って多いんだなぁ!などと関心しながら、のろのろと前進する列についてようやく我々の番が来ます。
 カウンターの係員に「よい旅を!」と言われ搭乗券を受け取り、次はすぐ横にあるイミグレーションで出国手続きです。まずはA氏から係官にパスポートと搭乗券を渡し、パスポートに出国スタンプを押され。。。
 となると思い込んでいたのですが、係官は何度もパスポートをぺらぺらとめくり、A氏本人をじろじろ見ながら、やがてイミグレオフィスの中の別な人(たぶん上司)を呼び、A氏のパスポートを渡してなにやら話しています。うーむ!なんかすごく嫌な予感がする!と思いながら成り行きを見ていると、やがてA氏はオフィスの中に呼ばれていきました。当然ながら後に続く私も同様、やはりオフィス行きです。
 まったく予期していなかった出来事に我々は何が起こったのかわからず、ただ呆然としていると、先ほどの上司らしき係官がいくつか質問をしてきました。
 係官「きみらはどこへ何しに行くんだ?」
 我々「リスボン経由で日本へ帰るところだ」
 係官「ここへは何しに来た?」
 我々「観光で来た」
 係官「きみらはセネガルから入国しているが、なぜヨーロッパから直接入国しないんだ?」
 我々「セネガルからカーボベルデへ周遊する計画で旅をしているからだ」
という具合にその係官は主に旅の目的と、なぜセネガルから入ったかということをしつこく聞いてきました。我々がそれを一生懸命説明しても納得がいかないらしく、やがてさらに奥の取調室?に連れて行かれ、荷物を全部出せと言ってきました。当然やましいものがあるはずもないので、それで納得するならと言われたとおりに荷物を調べさせましたが、それでもまだ納得がいかない様子。
 いったい何が問題なんだ!としだいに飛行機の時間が気になり始め、いらいらしながら次は何を言ってくるかと待っていると、挙句の果ての一言。
 係官「きみらを出国させるわけにはいかない。きみらはこの飛行機には乗れないよ」
唖然!はぁ!何だそりゃ!
 我々「なぜ?我々は予定通り日本に帰らなければいけないんだ。冗談じゃない!」
 係官「きみらはここからリスボンには直接出れない。来たルートと同じルートで帰るんだ」
 我々「どうしてだ?我々にはちゃんと日本のパスポートとリスボン行きのチケットがある。なのに何故ここからリスボンへ行けないんだ?理由を説明してくれ」
 係官「さあ、我々のボスがそう言っているのでとにかくここからは帰れない。ダカール経由のチケットを取り直しなさい」
その後何度理由を説明しろと言っても、ボスがそう言ってるの一点張りで埒があかず、セネガルの日本大使館に連絡を取れと騒いでも聞く耳持たず、そうこうしているうちにとうとう飛行機の出発時刻が過ぎてしまいました。
 うーむ!いよいよたいへんなことになった!どうすりゃいいんだ!結局イミグレの係官は話にならず、「パスポートは預かっておく、明日朝8時に取りに来い」といって追い出されてしまいました。理由もわからず最果ての国の深夜の空港に取り残されて、先ほどまでのほろ酔い気分はふっとび、今からどうしたらいいかもわからず、我々は空港のベンチに崩れ落ちました。2人とも混乱していて交わす言葉も出ません。しばらくはお互い自分の中で今の状況を整理すべくボーッとベンチにへたれこんでいると、リスボン行きの搭乗券を発券した係員が我々を見つけて、なぜ飛行機に乗らなかったんだ?と聞いてきます。なぜも何もないよ!乗りたくても乗れなかったんだ!
 どのくらいボーッとしていたのか、やがて少しは心が落ち着いてくると、とにかく何とかせねばと考える能力もようやく戻ってきてました。何か考えねば!。。そうだ!とりあえず電話だ!
 私「A氏!電話!とりあえず日本に電話してみよう」
我々はさっそく夜中の空港を駆け回り、電話とテレホンカードを探しまわります。まだかろうじて開いていたインフォメーションカウンターや空港の警備員に片っ端から聞きまわりましたが、テレカを売っている場所はもう閉まっており買うことができません。警備員の1人が親切に自分の使い残しでよければとテレカを譲ってくれましたが、7度数しかなくとても日本へ通話することはできません。
 はぁー。万策尽きたか!。。。いや、そんなこと言ってる場合ではない!何か手を打たねば!。。。 再びベンチに腰を下ろした我々は、それでも2人とも先ほどよりは冷静に事を考えられるようになっていました。
 私「とりあえず電話は今はだめだね。夜が明けたら何とかしよう。それからこの国でヘルプしてくれる人を何とか見つけないとね。でないと言葉も不自由だし」
 A氏「そうだね。でもどうする?この国には日本の大使館もないし。。。」
うーむ!この国で知ってる人なんているわけないし。。。!いや!1人いた!
 私「Jさん!ほら昨日我々をガイドしてくれたJさんだよ!」
その日は出発便もすべて終了し、あれだけ賑わっていたロビーもいまや警備員と、翌朝の便を待つのか地元の乗客らしき人数人が、ベンチをベッド代わりに寝ているだけとなりました。我々も夜が明けるまでこれ以上することもないと判断し、それらの乗客に混じってベンチをベッドに一眠りすることにします。不安にさいなまれた悪夢の一夜目の始まりでした。
2日目に続く