alaska アラスカ発:アラスカ鉄道で事故!
 アンカレジ−フェアバンクス間はもちろん飛行機の便もありますが、時間があれば北の大自然の中をひた走るアラスカ鉄道に乗って旅をすると、よりアラスカを肌で感じることが出来ます。ただし冬期は週1本しかないので(今もそうなのかな?)事前にチェックしておいたほうがいいでしょう!
 私たちは最初からアラスカ鉄道は計画に入れていたので、当日は早朝にアンカレジ鉄道駅に行き、わくわくしながら列車に乗りこみました。しばらくはアラスカの寒々とした大雪原を見ながら、ものめずらしさにシャッターを切りまくっていました。そのうち左にマッキンリーが見えてきて、列車が止まり私たち観光客のために撮影タイムまで設けてくれて、これじゃまるで観光列車だなと思いながらも喜んで写真を撮っていました。
 その後も何度か撮影ポイントやフラッグストップで、停車しながらのんびりと進んでいきましたが、今度の停車はちょっと急停車ぎみだったので何かおかしいなと思い外をのぞくと、車掌と機関士が先頭の方で何やら歩き回っています。しばらくたってもなかなか動き出さないので、乗客の何人かが降りて、前の方に様子をうかがいに行きます。これは何かあったんだなと察知し、私も見に行こうかなと思っていたら、帰ってきた乗客の1人が、「どうも列車がムースを跳ねたようだ」と言って戻ってきました。ムースとはアラスカに棲む鹿の一種です。あとで聞いた話ではムースは普段は山にいるのですが、冬はときどき餌を求めて下りてくるそうで、たまにこういった珍事も起こるそうです。
 これからどうなるんだろうと思っていたら、復旧作業が済んだのか再び列車は動き出しました。やれやれ、ムースはかわいそうだけど、まずは一安心!そのとき私たちはしだいに空腹を覚えるようになって来ていました。昼食を買わずに乗りこんだのは失敗だった!と、後悔してももう遅い。早くフェアバンクスに行ってうまいものを食べたい!と思っていたら、再び列車が停止。しかもまた乗務員が降りて何かしています。うーむ。何かいやな予感が。。。そしてまた発進。こんどは非常にのろのろとしたスピードです。
 不思議に思った乗客が車掌に聞きに行った話では、先ほどのムースの事故で列車の暖房機が故障したということです。その後もしばらくは、ときどき停止しては乗務員がなにやら点検を行っていましたが、次第に車内が冷えてきました。うーむ。これはまずい!外は氷点下30度を下回る山の中です。とはいえ暖房が壊れたと言っている以上、これから冷える一方なんだろうな。これからどうするんだろう?このまま我慢してフェアバンクスまで行くのかな。などといろいろな考えが頭に浮かび、腹が減ったという感覚はどこかへ吹き飛んでいました。いろいろ考えているうちにも車内はどんどん冷えて、乗客はみんなそれまで脱いでいた上着を着込み、寒さで丸くなり始めました。窓は真っ白になり、端から霜が付き初めてきました。おいおい、ちょっと勘弁してくれェ!こんなにのろのろ走っていて、フェアバンクスまであとどのくらいかかるんだよ!などと心の中で悲鳴をあげていると、列車はフェアバンクスから約100km手前のネナナの村に到着しました。ネナナの駅にすべりこんだ列車は、そこで停車するとしばらくして車掌が客車に入ってきて、
 車掌「みなさんここで降りてください。駅前にバーがあるからそこでしばらく待機してください」
 乗客「ここで列車を直すの?」
 車掌「いや、列車はすぐには直せない状態なので、代りにフェアバンクスから救援のバスを要請しました。今そのバスがこちらへ向かっている途中です」
 乗客「バスはどのくらいでくるの?」
 車掌「普通なら2時間そこそこで来られると思うけど、夜だし路面が凍結しているのでもう少しかかるかもしれない。とにかく今こちらへ向かっているはずだから」
などとやりとりがあり結局全員駅前のバーへ避難です。
 ネナナの駅前は外灯もほとんどなく、暗くてあまり様子がわかりませんが、とにかく駅前にはバーが2件あります。それよりも無茶苦茶寒い!というより無茶苦茶冷えていて、鼻の中がパリパリとくっつくような感じがします。
 ともかく一同急いでバーの中へ入りました。人の話では外は氷点下40度近くまで下がっているとのこと。うーむ。これはこの温度を体験しない手はないとばかりに、私は再び戸外へ飛び出しました。よく観察すると吐く息がものすごく白く、空気が外灯の明かりに反射してきらきらして見えます。うーむ。きれいだ!しかししばらく外に出ていると、顔など無防備の部分が痛くなってきます。これはいかんとまたまたバーへ退散。そのバーは典型的なオールドアメリカンスタイルのバーで、中央に置かれたビリヤードといい、木製の丸テーブルといい、みないい味を出しています。中は乗客がみな避難してきたせいでとても賑やかです。
 私にとって1つ嬉しかったのは、ずっと空腹で来たためハンバーガーとウイスキーにありつけたのはもう最高!ようやく空腹を満たした後は、ウイスキーを片手にひたすら雑談をしてバスを待ちます。しかしこういうときは待つ時間がすごく長く感じるものですよね!待ちきれなくなった人が何度も外に様子をうかがいに行ったりしてました。結局そこで3時間近く待ち(実際長い)、ようやくバスが来たときには、パニック映画でやっと助けが来たシーンのように(ちょっとおおげさかな)みんなバスに駆け出してました。そして一路フェアバンクスへ。
 で、結局のところ、夜中の12時過ぎにホテルへ到着。なんとも疲れたハプニングでしたが、おかげでいろいろ思い出に残る体験が出来ました。