オーストリア ウィーン発:大晦日の酔っぱらい!

 みなさんは仲間と旅行に行って、はぐれてしまったという経験はないですか?ここでは大晦日の夜、私を襲った、ちょっとこのやろう!的な、でもまあいいか!的な(なに言ってんだかよくわからない)体験をお話します!なんかドラマのような話ですがほんとうにあった話です!
 それは友人と2人でヨーロッパ方面を旅したとき、大晦日のウィーンで起こりました。私たちはカウントダウンの前に食事もかねて、近郊グリンツィングにある酒場(ホイリゲ)で一杯やっていました。明るい音楽と楽しい語らいにつられてつい酒が進み、友人は250ml入りデキャンタワインを5本も空け、すっかりハイテンションです。ちなみに私は2本でしたが。。。
 当然その酒場でもカウントダウンパーティが企画されていましたが、私たちは街中でやろうと決めていたので、店を出て路面電車で街へ戻ります。街中は、まだカウントダウンまでだいぶ時間があるというのにすごい人です。そこら中ででかい爆竹の音が鳴り響き、中心部のケルントナー通りやグラーベン通り、シュテファン広場周辺には露店まで出て、グリューワインといわれる暖かいワインなどを売っています。それを見た友人は相変わらずハイテンションで、
 友人「おっ、グリューワインが売ってるぞ!よーし!ここらで2次会といこう。(露店の方に向かいながら)ちょっとごめんよ」
と、人の群がる露店に分け入って行きます。
 私「おーい、ちょっと、大丈夫か」
そんな心配をよそに、両手にグリューワインの紙コップを下げて戻ってきました。
 友人「ほい、かんぱーい!」
 私「おいおい、そんなに飲んで大丈夫か」
 友人「だいじょうぶ!まだ全然平気だよ。ヒクッ!」
てな感じですっかり出来あがっています。そんな感じでしばらく街中をうろついていましたが、カウントダウンに向かって人は増える一方、次第に通りを歩くのも困難な人出となってきました。
 そんなとき、向かいの広場で派手な音響装置を並べたグループが、ミニコンサートをやっているのが目に入りました。その回りは一際たくさんの人だかりが出来ています。私たちは時間を持て余していたので、ちょっと見ていこうと人の間をすり抜けてそちらへ行きました。もちろん知らないグループですが、賑やかで明るい雰囲気に、「うーむ、いい大晦日だ」と浸っていると、ふと気づいたら友人の姿が見当たりません。周りはいつの間にか、オーストリア人に囲まれていました。
 あれ?どこいった?こいつはまずいぞ!とすぐに人々をかき分け友人を探しますが、何しろすごい人で自由に動き回ることもできず、さらに夜ということもあり、人を見分けるのに非常に苦労します。まいった!はぐれちまった!時間は11時半近く。私は考えました。どうしよう!もっと探すか!あと30分でカウントダウンだ!そういやさっき酒場で、カウントダウンはシュテファン広場にしようかって言ってたっけ!とにかく探しながらシュテファン広場の方に行ってみよう!ということに私の考えは落ち着き、爆竹の音が激しさを増す中、周囲をよく注意しながらシュテファン広場へ向かいます。
 が、結局途中では発見できず、広場に着いてしまいました。シュテファン広場はものすごい人で埋め尽くされていて、もはや歩くのが困難な状態になっていました。まいったな!こりゃ、探しようがない!あと10分でカウントダウンだというのに!もう、こうなりゃカウントダウンだけは見ていこう!考えるのはその後だ!と、そのときにはもう、ちょっと開き直り状態です。
 そして、12時と同時にシュテファン寺院の鐘がなり、あっちこっちで花火が打ちあがり、周りの人は叫んだり、抱き合ったり、ワインをらっぱ飲みしたりとたいへんな騒ぎです。いやぁ、なかなか活気ある新年だなぁ!こういうのっていいなぁ!なんて雰囲気に浸ったのも束の間、すぐに友人のことを思い出し、いかんいかん!探さなきゃ!とはいっても、これじゃ見つけようがないしな!しかたない!とりあえずホテルへ戻って待つか!と、 騒ぎで少し動きの出た群衆の間をかき分けながら、それでも注意深く周りを見ながら歩き出します。
 まいったな!もし、ホテルに戻ってこなかったらどうしよう!だいぶ酔っぱらってたしな!と、次第に不安な気分が高まりつつあったそのとき、まさに前方に見知った顔が。。。しかもあろうことか、その顔はごきげんで、地元の若い女性と手を組んで踊っています。私はその状況を理解するのに、ちょっと時間がかかりました。えっ!えっ!なんだなんだ!どうなってんの!私は友人のもとに寄っていくと、
 私「おい、なにやってんだ。ずいぶん探したぞ!どうしたの?この人たちは」
 友人「おう、いいところへ来た。いや、よくわかんないんだ。さっき突然寄ってきて、手を持たれて踊りだして。。。」
 若い女性「ハーィ!なんたらかんたら(ドイツ語らしくよくわからない)」
と、連れの女性が今度は私の手を取って踊り出します。えっ!あっ!あー!よっしゃ!とつられていっしょに踊る私。なにやってんだ!と思いながらも、まあ、いいか。今日はハッピーニューイヤーだ!
 かくして私たち4人、シュテファン広場にて、年始の初踊りです。ちなみにこんな踊りや馬鹿騒ぎをしているのは、もちろん私たちだけでなく、むしろこういった光景の方がその場に溶け込んでいたと付け加えておきます。(^^;また、この友人については、翌日頭がわれんばかりの二日酔いになり、ボロボロであったということも付け加えておきます(^O^)。