珍道中

朝のフェアバンクス散策
 昨夜は結局ホテルへ着いたのが夜中の1時近く、シャワーを浴びて一杯やって寝たのが2時頃というのにもかかわらず、翌日は7時には起きて朝食を食べに行きます。
 私「いやぁ、昨日は結局全然町を見れなかったな。まあ、あれはあれでおもしろい体験だけど」
 T氏「あんな体験は計画的には出来ないからね。で、今日はどうする?昨日フラつけなかったから今から散歩ってのはどうだろ?」
 私「うん、そうだな。今日はチェナだから、そんなに慌てていかなくてもいいし。よし行こう!」
というわけで、朝飯も早々にジャケットを着込んでホテルを飛び出しました。と、さ、寒い!フェアバンクスもかなり冷え込んでいるようです。街中の電光掲示板には−30℃と出ています。やはり息をすると鼻がパリパリとくっつくような感覚があります。しかもようやく薄明るくなってきたという感じで、もちろん店はまだ始まっていないし人通りもまばらです。私たちはそれでも町を一回りしてみようと、地図を片手に歩き回りました。途中ビジターセンターを見つけましたが、当然まだ開いていないので資料集めは出来ません。せめて写真だけはと、そこらじゅうをパシパシと写して回っていると、ようやく1軒だけ開いているカフェを見つけました。
 私「おっ!ここはやってるぞ。ちょうどいい。休んでいこうか」
 T氏「うん、かなりローカルな雰囲気の店だけど、ちょっと疲れたし、いこういこう!」
というわけで、私たちは唯一見つけたその開いているカフェに入りました。中は地元の人が4,5人集まってコーヒーか何かを飲んでいましたが、私たちが入るとみんな一斉にこちらを注目。私たちはちょっと緊張して思わず、「ハ、ハロー!」。そういうと地元の人は軽く会釈をしてまた元の状態に戻りました。なんとも寡黙そうな人たちだな!と思いながらも、ともかく熱いコーヒーにありつけて満足です。さあ、午後は今回の旅のメインの1つであるチェナへ向かいます。
チェナへ!
雑貨屋件カフェ(写真)チェナへ向かう途中の雑貨屋件カフェ

 ホテルのロビーで手配したタクシーを待っていると、2人の日本人旅行者がやってきました。同年代の個人旅行者のようなので、さっそく声をかけてみました。
 私たち「・・・じゃあ昨日のアラスカ鉄道から一緒だったんですね」
 旅人「そうですね。多分今からチェナに行っても何人かは見知った人に会うんじゃないかなぁ」
 私たち「確かにチェナは有名ですからね。ところでこれからどうやってチェナに行かれます?」
 旅人「うん、タクシーでも捕まえて行こうかと思ってます」
 私たち「それじゃあ、もしよかったらいっしょに行きませんか。我々は今手配したタクシーを待ってるところなんですよ」
というわけで、私たちは揃ってチェナへと向かうことになりました。その人たちはMさんとKさんといい、チェナへはオーロラ撮影が目的だそうで、大きなカメラ機材を抱えてのご旅行です。
 チェナへはひたすら森の中を走り続けて行きますが、途中1軒だけ雑貨屋件、カフェがあります。私たちもそこで少しの間休憩をとります。店の中はこの大森林地帯で暮らす人たちのために、実にいろいろなものが売っています。私もそこで見つけたアラスカの詳しい地図を買った後、カフェで休息です。 カフェといっても雑貨店の片隅に2,3のテーブルが置かれているだけのもので、小さなショーケースには特大のケーキが2,3並べられています。さっそくその1つを食べてみることにしました。
 私「うっ!あ、あまい!」
周りにいた地元の人は、薄笑いを浮かべてこちらを眺めています。な、なんだ!彼らはこの甘さを知っているのかな?それにしてもでかい!これを全部食べきるのはつらいぞ!周囲の人の目もやはり無理だろうと訴えています。うーむ。このまま根を上げるのもしゃくだな!よーし!意地でも全部食べてやるぞ!と、変なところで1人で意地になって水で流し込んでいました(^^;。しかしこの甘くてでかいケーキはいったいだれが食べるのだろう?って地元の人に決まってるか!
next 珍道中アラスカ back