(注)平成17年度から旅行業法の改正により、一般旅行業取扱主任者は総合旅行業務取扱管理者という名称に変更になりました。
また、このページに記載の受験内容や方法などについては、私の受験した年(平成8年度)をもとに書いています。実際に受験の際には最新情報をご確認ください!

 旅好きの皆さんならこの資格はご存知のことでしょう。そして自分の知識試し(あるいは旅行業界への就職)のために、一度は受験してみようと思ったことはありませんか?
 この試験は実務経験がなくとも、だれでも受験できるので(あれば研修などで科目免除があったりするけど)、私も平成8年に受験して、おかげさまで合格しました。
 ここではその受験体験記なるものを書いてみようかなと思っています。といっても受験予定の方の参考にはならないと思いますので、息抜き程度に読んで下さい!(息抜きにもならないか!)

 最初に旅行業務取扱主任者について、ちょっと書いておきます。このページを見ている方はおそらくご存知かと思いますが、よくわからない方もいるかもしれませんので。。。知ってる方は飛ばしちゃって下さい。

1、旅行業務取扱主任者って何?
 この名前は一度は耳にするか、見たことはあるでしょう。たとえば、ツアーパンフレットの裏とかに、主催旅行会社名、登録番号などと並んで旅行業務取扱主任者の氏名なんかが書いてあったりします。あれです。
 旅行業務取扱主任者には一般と国内とあって、簡単に言えば国内は文字どおり国内旅行についてのみ業務を取り扱うことができ、一般は加えて海外旅行も取り扱えるということです。そして旅行会社は、この旅行業務取扱主任者を営業所ごとに最低1人はおかなければならないことになっています。旅行業務取扱主任者はその営業所でお客さんと取り引きする際の実務上の責任者です。

2、旅行業務取扱主任者になるには?
 各旅行業協会が実施する国家試験に合格することです。一般主任者の試験は日本旅行業協会(JATA)、国内主任者の試験は全国旅行業協会(ANTA)が実施しています。一般の試験は毎年10月、国内の試験は毎年9月に各地域で実施されています。
 実は私は一般主任者の試験を受ける前に、国内主任者の試験を受けて資格を取っていました。国内主任者の資格があれば、一般主任者の試験科目が一部免除されます。

3、どんな試験をするの?
 マークシート方式の筆記試験です。肝心の試験科目ですが一般主任者について言うと、
 第1にこの手の試験につきものの法律関連です。旅行業法および関係法令となっています。
 第2に各種約款です。例えば、契約が成立するのはどの時点かとか、契約後の取り消し手数料についてなどその他細々といろいろあります。旅行業約款、運送約款、宿泊約款があります。
 第3に国内旅行実務です。JRや航空機などの運賃や料金の計算、国内観光地理などその他もろもろです。
 第4に海外旅行実務です。出入国手続きや世界の観光地理、国際航空運賃関連などその他もろもろです。英語の出題もあります。
 以上4科目ですが私の場合、国内主任者の資格を持っていましたので、2番目の約款と4番目の海外旅行実務の2科目受験でした。

 以上が概要ですが、旅行業務取扱主任者についてもっと詳しく知りたい方は国土交通省の関連ページをご覧頂くといいでしょう。もっともっと詳しく知りたい方は本屋さんの資格試験コーナーなんかに行けば、きっと見つかると思います。

さて、それでは私の受験記の始まりです。

さあ、いよいよ試験日だ!
 試験当日の朝はさすがにちょっとした緊張感がありました。私は東京地区の受験で会場は早稲田大学の理工学部でした。家を出るときは受験票や筆記用具など必需品のチェックは入念に行い、かなりの余裕を持って家をでました。

会場到着
 試験は10時30分からですが、9時30分には会場へ着きました。まずは案内板で自分の教室の確認です。教室は試験の免除区分によって別れています。私は国内主任者有資格者の教室で、試験科目は午前と午後の2科目です。門の前には弁当売りの人がいてサンドイッチなどを売っています。まあ昼はどこかに食いに行けばいいや、などと思いながら教室へ向かいました。

熱気ある教室
 けっこう大勢いるんだな、などと思いながら自分の席を探して座ります。まだかなり時間があるので例によって最後のあがきをしようと参考書を取り出しチェックです。周りの雰囲気や会話からどうも専門学校生や旅行業界を目指す学生さんが多いみたいでした。こんなとき近くで仲間内でチェックしあっている会話が聞こえてきたら、気になったりしませんか?私もつい会話が耳に入り、「おお、そう言えば」などと思い、その話題の内容についてチェックし直したりしているうちに時間がきました。

いよいよ試験開始!高まる緊張感
 まず試験官の人が注意事項などを説明して、問題が配られます。最初の時間は約款の試験で、試験時間は40分です。さあ、いよいよだ。緊張の高まる一時です。そして試験開始の合図とともに問題用紙をめくります。そして最初の1,2問を見た感想は、「おっ!思ったより解けそうだ」でした。でも択一式の問題で、4つの選択肢があり、2つはすぐに除外できるけど、残りの2つがどっちだったかななんてことよくありますよね。それで何問か迷いましたが、全体的にはまずまずの手応えでした。

午前の試験「約款」の問題概要
 第1問は標準旅行業約款に関する問題で、約款の適用範囲や主催旅行契約、手配旅行契約、その他の契約についてまんべんなく全21問が出題されていました。
 第2問は国際航空運送約款について3問、モデル宿泊約款について1問が出題されていました。

午前の試験終了!ちょっと一息
 こうして、最初の試験は終わり、残すは午後の海外旅行実務です。午後は13時からなのでけっこう時間があるなと思い、頭のリフレッシュも兼ねて歩いて高田馬場駅の方に昼食に行きました。コーヒーを飲んで一休みしていざ午後の部に出陣です。

さあ、気を引き締めて午後の試験だ!
 午後は海外旅行実務の試験で、試験時間は120分です。私にとってはこの試験が山場です。というのは英語の出題や、運賃、料金の計算などが含まれるからです。で、手応えとしては微妙でした。英語の問題は思ったよりできたけど、航空券サンプルをもとにした出題などは難しかった!

午後の試験「海外旅行実務」の問題概要
 第1問は旅券についての問題で、10問の出題でした。
 第2問は世界の観光に関する問題でした。旅好きの人にとってはこの関連が一番楽しく、かつ力を発揮できるところじゃないかと思います。でもさすがにかなり詳細な部分について問う問題が多く、難しかったです。ここは20問の出題でした。
 第3問は英語の問題です。英文を読んで、穴埋めと部分的に和訳する問題が8問、英語で書かれた日程表の内容を問う問題が2問でした。
 第4問は旅行日程表の例が記載されていて、それをもとに出入国手続きに関する出題と、ABCやトーマスクックの抜粋資料をもとに、それらを正しく読めるかを問う問題で、10問の出題でした。
 第5問は航空券サンプルが記載されていて、その他各種資料をもとに航空券の記載事項が正しく読めるか、正しい運賃計算ができるかなどを問う問題で、10問の出題でした。

試験終了!ふう、疲れた
 以上で試験が終わり帰途に着くことになりました。やはり実務の最後の方は難しかったななどと思いながら門を出ると、旅行関連の専門学校の案内を配る人が何人もいて、これで何人か入学する人もいるんだろうな、ひょっとしたら自分も。。。などと思いながら高田馬場駅へと向かいました。

ある寒い夜
 そして12月のある寒い夜、会社から帰宅すると郵便受けに1通のはがきがあるのを見つけました。見れば日本旅行業協会からのはがきです。これはもしや!そうです。合否の通知書です。結果は1枚はがした内側に書いてあります。また一気に緊張感が高まりました。私は祈るような気持ちで静かにはがし、中を見ました。結果の欄に合格の2文字が見えます。やった!うれしい!どっと安堵感が込み上げました。そしてさらに後日、待ちに待った合格証が送られてきました。これまでの努力の結晶!もちろん今も大切に保存してあります。


 以上で私の受験体験記は終わりです。なんかだらだらととりとめもなく書いてしまいました。読みにくいかもしれませんがご容赦を!
 これから受験される方は頑張って下さい!何しろ私のような単なる旅好きでも、頑張って勉強すれば合格できるのですから。
 またこれを読んで心が傾いた方(そんな人いるかな?)、旅行主任者の試験は旅行業界の人でなくとも、旅好きの人ならば知っていて役に立つ知識も得られますし、勉強するのも好きな旅関連の内容なので意欲的に続けられると思います。一度チャレンジされてはいかがですか。