グリーンランド next back  

食事

 私の旅のもう1つの楽しみは現地の料理を味わうこと。Hotel Kangerlussuaqではレストランのほかに便利なカフェテリアもあって気軽に食事がとれます。カフェテリアといっても、とてもボリュームのある料理が実にたくさんありレストランより安いため、ほんとに気軽に利用させてもらいました。でもレストランの方は落ち着いた雰囲気で、ゆっくりと本格的なコース料理が楽しめますのでたまにはお勧めです。またグリーンランド的な料理を味わうには、レストランであらかじめ予約が必要になります。

Hotel Kangerlussuaqのカフェテリアでの食事1

 カフェテリアでの夕食です。
 一番手前の皿はデンマークの代表的な家庭料理だそうです。食べてみたらボリュームのあるハンバーグでした。
 中央の皿はやはりデンマークでは有名なオープンサンドです。下に一応パンがあります。
 ビールのTUBORGはグリーンランドのNuukで製造されたものでした。

カフェテリアの食事

Hotel Kangerlussuaqのレストランでの食事

 カフェテリアの奥にはレストランがあります。私たちはここでとてもグリーンランド的な料理を食べました。
 まず皿左の中が少しrare気味の肉は「トナカイ」、ベーコン巻きの右の肉が「クジラ」、そして奥にあるハンバーグ状の肉が「ジャコウウシ」です。これらの肉にそれぞれ別のソースをかけて食べます。ちょっとくせはありますがおいしいです!

グリーンランド的な料理

Hotel Kangerlussuaqのカフェテリアでの食事2

 今回頼んだものは一番手前がサーモンをHalibut(オヒョウ、オオヒラメ)で巻いた料理とえびの盛り合わせ料理、奥の皿がイカリングです。
 もうおわかりかと思いますが、ここでは何を頼んでもとても量が多いので、1人1皿が無難です。(当たり前か!)

カフェテリアの食事
 今回の旅ではグリーンランドのほんの一部に触れたにすぎませんが、グリーンランドの雰囲気は十分に味わえました。そして寒さも!オーロラも連日観測することができましたし、ジャコウウシやトナカイなど珍しい動物も見れました。ダイナミックな氷山や氷河、そしてイヌイットの人々の生活も垣間見ることができました。人懐っこいイヌイットの子供たち。今も懐かしく思い出します。
 グリーンランドへの旅は日本ではまだあまり一般的とは言えませんが(聞いてみると日本人客は年間で約200人くらいだとか)、ナチュラリストな人にはとても魅力的な所です。私もリピーターになりそう!次回はIlulissatを基点に周囲の町や村を周るのもいいし、Qaanaaq行きに挑戦するのもいいかなって、早速現地で買ってきたGreenland Atlas(7500円位もした!)を見ながら計画してます!
グリーンランド next back