アルプス next back
オーストリアマップオーストリア
 リヒテンシュタインからPTTバスで国境を抜け我々はオーストリアへ入国しました。ここから先もしばらくはアルプス山中を行きます。オーストリアアルプスもスイスに負けないくらいの美しい自然と牧歌的な風景が広がっています。我々は列車でチロル地方の中心都市インスブルックを通り、映画サウンドオブミュージックの舞台として有名なザルツブルグに入ります。最後にこの旅の終着地であるオーストリアの首都ウィーンでニューイヤーを迎えます。
 ウィーンはさまざまな言葉で形容されるように、非常に興味深いポイントの多い街です。ベートーベンやシューベルト、モーツァルトといった著名な音楽家の縁の地が点在し、今も各所でコンサートが開かれています。またハプスブルグ家の王宮やマリーアントワネットが幼少時代過ごしたシェーンブルン宮殿、ウィーンの中心部にそびえるシュテファン寺院など、ここで例をあげたらきりがないほどです。ここではそのごく一部を紹介していますが、みなさんの旅行心をかきたてるのに役立ててもらえればと思っています。

フェルトキルヒ

 リヒテンシュタインからのPTTバスでフェルトキルヒの駅前に着いた我々は、さっそく街中を散策することにしました。フェルトキルヒはオーストリアでも最西部に位置する小さな町です。
  写真は高台にあるシャッテン城から旧市街を見下ろしたものです。シャッテン城の下にはトンネルがあり、道路が走っています。緑の尖塔の建物は聖堂教会です。

フェルトキルヒ

インスブルック
(マリア・テレジア通り)

 インスブルックはチロル地方の中心都市で冬季オリンピックも開催されたことがあります。
  街の中心部は市電が走っており、中央駅の駅前から乗れるので便利です。旧市街のメインストリートは歩行者天国になっていて、土産物店が軒を連ねていました。
  私もそこで売られていたチロリアンハットが目に留まり相当迷いましたが、ザック1つの機動性を求める旅であったので今回はやめておきました。

インスブルック(マリア・テレジア通り)

インスブルック(イン橋)

 旧市街のメイン通りであるヘルツォーク・フリードリヒ通りを真っ直ぐ行くと、金色の屋根がはりだした建物に行き当たります。ここは「黄金の小屋根」といわれ、旧市街観光ポイントの1つで観光客の撮影ポイントになっていました。
  この建物の右横に入っていくと大聖堂、王宮方面、そして左に折れて真っ直ぐ行くとイン橋に行き当たります。橋の下を流れる川はイン川です。

インスブルック(イン橋)

ハルの町

 ハルはインスブルックからバスで約20分、列車だと5分くらいのところにある中世の雰囲気が漂う町です。町中は写真のような路地が複雑に入り組んでおり、写真右の路地の合間に見える教会付近が中央広場のあたりです。

ハルの町 ハルの町
アルプス next back