アルプス next back
オーストリアマップオーストリア
オーストリア国鉄でウィーン西駅へ到着。今回の旅の最終目的地です。明日はニューイヤーイブです。ウィーンの大晦日はどんな感じか楽しみ!楽しみ!

ウィーンは私の大好きな街の1つです。
見所もたくさんあり、いろいろ周りましたがここですべてを載せられないのが残念です(ウィーンだけでページを作らなければならなくなってしまう!)。
そこでシェーンブルン宮殿やシュテファン寺院といったメジャーなポイントは、ガイドブックにいくらでも載っているので、ここでは写真写りのよい他の場所を載せたいと思います!

ウィーンの中心グラーベン通り

 ウィーンの旧市街の中心に位置するシュテファン寺院前の広場から延びる繁華街です。写真中央の道の真ん中にそびえる塔はペスト記念塔と呼ばれ、昔ペストが大流行したときに建てられたものです。
  グラーベン通りの突き当たりを左に入るとコールマルクトと呼ばれる通りで、有名なカフェ「デメル」があります。
  ケーキについて言えば、あのザッハートルテで有名なオペラ座前のホテルザッハーのカフェも有名で、ここもいつも混んでいますが話の種に1度はいいかも。

グラーベン通り

新王宮

 王宮から続くハプスブルグ家の新王宮です。王宮は新王宮も含めてとても広く、いくつかの棟に別れていて中には広場や庭園もあります。また現在は博物館や宝物館も入っています。
  ウィーンの街は中心をリンクと呼ばれる環状道路が取り巻いていて、その道路沿いには非常に多くの観光ポイントが集まっています。この新王宮もリンク沿いにあります。

新王宮

ウィーンの路面電車

 リンク沿いにあるショッテントーア駅の路面電車です。ウィーンの街は地下鉄と並んで路面電車も便利な交通手段の1つです。
  我々もこの路面電車を利用して、郊外のハイリゲンシュタットというところにあるベートーベンの住んだ家に行ってみました。
  またハイリゲンシュタットから少し歩くとグリンツィングというところへ行けます。ここはワイン酒場の集まったところで、我々も大晦日の夜をワインでも一杯やってから街へ繰り出そうとやってきましたが。。。詳しくはハプニング集にて!

ウィーンの路面電車

ニューイヤーイブの夜のグラーベン通り

 ニューイヤーイブの夜10時ころのグラーベン通りです。すごくたくさんの人で、通りが埋まっていて、爆竹の音がすごかったです。
  路上には屋台が出て、寒さでグリューワインと呼ばれる暖かいワインが飛ぶように売れていました。でも紙コップに注がれる暖かいワインを外で立ち飲みしてるのは、日本の屋台で熱燗を飲んでるみたい!
  このあとカウントダウンまでの我々の騒動はハプニング集をご覧下さい!

グラーベン通り

美しく青きドナウ

 ご存知ドナウ川です。実際川の色はそんなに青くはなかったですが。。。
  このドナウ川の右側には新ドナウ川が流れていて、間に島がありその島まで地下鉄で来ることができます。新ドナウ川の向こうには国連都市があります。島は公園として整備されていて憩いのひとときが過ごせそうでした。

ドナウ川
ここドナウの川を見下ろしながらこの旅は終わります。今回は冬のアルプスを中心とした旅であったので、交通機関等の関係で残念ながら行けなかった場所もありましたが、次回は夏にもう一度訪れてもっと奥深い谷あいの村を訪れたり、ハイキングをしたりしたいと思います。
 でも、この時期はクリスマス、年越しといった大きなイベントがあり、違った意味で有意義な旅が出来たと思います。この時期の旅を一度体験したら、今後お正月を日本で迎えるのはちょっと難しそうな気が。。。
アルプス next back