価格の安さにつられてふと思い立ち、衝動的に北京に行ってきました。北京といえば中国の首都。日本からも毎日直行便があり(2001年末現在)、4時間弱ほどで行けるので、ふと思い立って出かけるにも出かけやすい旅先です。
 北京は古く明、清の時代から都として栄えてきた街だけに見所も多く、やはり3,4日は滞在してじっくりと見学したいところです。かつての皇帝の居城であり紫禁城として有名な故宮や、中国の象徴ともいえる有名な天安門、皇帝が天に祈りを捧げた場所である天壇などの歴史的なスポットが数多く、中国史の好きな人には興味深いかもしれませんね。
 グルメな人にとっては有名な北京ダックはもちろん、北京の人が好んで食べる火鍋(しゃぶしゃぶ)他、本場で食べる中華料理はどれも食べてみたくなり、グルメスケジュールを立てるのに真剣に悩みます(私だけか!)。また北京の繁華街「王府井」の東安門大街には、夕方からグルメな露店がびっしりと並び、グルメな人にとってはとても楽しい!(グルメ?珍品?ゲテモノ?)
 さらに北京から少し足を伸ばせば万里の長城や明の十三陵など、これまたビッグなスポットが点在しています。
 うーん、まだまだ見残し(食べ残し)たものもあるので、もう一度連休を利用して行きたいな!
北京といえば北京ダック!

 それでは私のふらり北京旅をご紹介します。JAL781便にて新設された北京首都国際空港に到着。以前上海に降り立ったときのイメージを抱いていた私は、その近代的な空港にちょっと驚かされてしまいました。
   

北京観光メモ中国基本情報

[国名] 中華人民共和国 [首都] 北京 [言語] 中国語 [通貨] 元
[時差] -1時間(北京) [ビザ] 必要