アゾレス諸島はポルトガルの領土に属し、本土から約1400Km−1800km離れた範囲の大西洋上に浮かぶ孤島です。日本を中心とした世界地図では、ちょうど一番左端、大西洋上の地図の切れ目のあたりに小さく出ていたりします。大西洋の描かれた地図帳で見ると、中央付近を南北に走る中央大西洋海嶺上に位置することがわかります。
 日本からかなり遠くに位置するため、私たちにとっては馴染みの薄い島ですが、それだけに私にとっては非常に興味のある島でぜひ自分の目で見てこようと思い今回旅をしてきました。諸島内には全部で9つの島があるのですが、今回私は諸島内最大の島「サンミゲル島」と、美しくのどかな風景とユネスコ世界遺産の町がある「テルセイラ島」を訪れました!

アゾレス諸島豆情報

 サンミゲル島はアゾレス諸島で一番大きい島であり、またもっとも人口の多い島です。諸島内の中心都市ポンタ・デルガーダもこの島にある一方、昔ながらののどかな農村風景も各地で見られます。
 また自然も豊富で火口跡に出来た美しい湖や、噴出す温泉なども見ることが出来ます。温泉地域では島の名物の地熱料理を作る様子を見られることがあります。
 テルセイラ島はアゾレス諸島で3番目に大きい島で、その中心となる町アングラ・ド・エロイズモは、ユネスコの世界遺産に指定されています。
 牧畜が盛んで島のいたるところで溶岩で囲まれた牧草地に、牛が放牧されている風景が見られます。
 島の中央部は火山地帯で、地中から蒸気が噴出す様子を見ることが出来ます。