イギリスと南アフリカのケープタウンを結ぶクルーズ船(セントヘレナへの物資運搬船でもある)RMS St. Hlena号に乗船して大西洋を縦断する豪華な船旅です。
 途中、カナリア諸島テネリフェ、アセンション島、セントヘレナ島に立ち寄ります。アセンション島やセントヘレナ島ではエクスカーションも用意されていて、セントヘレナ島では島内のホテルに宿泊も出来るようです。
 船内の設備も整っていて、航行中にさまざまなイベントやパーティも催され優雅な船旅が楽しめそうです。

ツアー名 : Fly-Cruise Holidays
主催 : Curnow Shipping Ltd.
      St. Helena Line (Pty) Ltd.
日数 : 2週間−7週間程度
費用 : 3500 - 5500程度(イギリスポンド)
      (日数、船室クラスによって異なる)
      (1ポンド=約188円 2001年4月現在)

(参照:RMS St. Helena2000-2001パンフレット、HP)

日程概要(一例)
 (注)下記は日程の一例です。航海はイギリス発またはケープタウン発があります。また航海No.によって所要日数にかなりの違いがあります。日数的にきつい人にはカナリア諸島発着のアレンジも出来るようです。ケープタウンでの延泊やオプショナルツアーのアレンジもOKです。

航海No.53S(fromイギリスtoケープタウン)
2001年11月9日−12月2日(24日間)
11/9(金) Falmoth、Cardiffまたは他の英国内の港から、RMS St.Helena号に乗船し、カナリア諸島のTenerifeに向けて出航します。
11/13(火) カナリア諸島Tenerifeに到着。
11/20(火) アセンション島に到着。オプションで島内を巡るエクスカーションがあります。
11/22(木) セントヘレナ島に到着。島内唯一の町Jamestownのホテルに2泊します。ホテルはThe Consulate Hotel、The Wellington House Hotelの2つから選択して宿泊できます(追加料金を払えばFarm Lodge Country Houseに宿泊も可能)。
島内観光ではプランテーションハウスやナポレオンの家、墓、ボーア戦争戦没者の墓地などを見学したり、セントヘレナ固有の動植物を観察したり、地元の人との触れ合いを楽しむことも可能です。
11/24(土) セントヘレナ島を出航して、ケープタウンを目指します。
11/29(木) ケープタウンに到着。長く旅を共にしたRMS St. Helena号を下船。市内の4つ星クラスホテルに2泊します。
希望にによりワインの醸造元訪問やサファリツアーなどをアレンジ。また延泊も可能。
12/1(土) ケープタウンを出発。空路にてロンドンへ。
12/2(日) 朝、ロンドン、ヒースロー空港到着

(上記のツアー料金)
船室クラス 料金(イギリスポンド)
T1S 5590
T1 5190
T2S 4470
T2 4190
T2HS 3940
T2H 3680
(上記ツアー料金に含まれるもの)
  ・ケープタウン−ロンドンの航空運賃
  ・船内での食事(朝、昼、夕)
  ・送迎
  ・セントヘレナ島、ケープタウンでのホテル宿泊

私の個人的なツアーの魅力
 
このツアーの最大のポイントは、あのセントヘレナ島とアセンション島という2つの孤島に同時に訪れることができるということでしょう。特にセントヘレナ島では島内のホテルに2泊も宿泊することができて、さらに中日で存分に島内観光が出来るのはポイント高いです。RMS St. Helenaは船内設備もかなり充実しているようなので、のんびり優雅な船旅が楽しめるでしょうね。
 唯一問題なのは、ツアー日数が長いので、参加するにはかなりの決断が必要なところです。でもいつかは絶対に参加してみたいですね。

(特記)
 各島に上陸するには別途上陸料がかかるようです。
  各島の上陸料(イギリスポンド)
  ・テネリフェ(カナリア諸島) 5
  ・アセンション島 18
  ・セントヘレナ島 11
 また、アセンション島やセントヘレナ島でのエクスカーションに参加する場合には、別途費用が必要です。

*セントヘレナ島500年祭記念イベント!

 2002年はポルトガル人によってセントヘレナ島が発見されて500年となる記念の年です。これを記念して2002年中にはさまざまなイベントが企画されています。機会があればぜひ訪れて、セントヘレニアンとともにお祝いをしたいですね。詳しい情報は以下をご覧下さい。

http://www.sthelena2002.com/